FC2ブログ

日増しに寒い

201810310111.jpg
No.1189 2018.10.31





二日前のインドネシアLCCの墜落で、乗員・乗客189名全員が絶望視されている。離陸直後管制塔に不具合発生を告げ、引き返す旨の通信があり間もなく消息を絶った。彼らはその生存を絶望視されるだけで終わり、恐らく最終的に全員の安否確認など出来はすまい。海の藻屑という訳だ。LCCと聞いた途端に幾何かの不安感あるなか、実際に落ちるとなれば更に厳しいものがある。以前一度だけ、LCCに乗ったことがある。窮屈な姿勢を強いられるのに加え、シートが薄く2時間でヘルニアになった。
10月29日という今回の事故の日付だが、過去に大きな飛行機事故がなく、翌30日も同様にない。ところが10月31日には四回もの墜落事故が起きている。1979年のウエスタン航空2605便、1994年のアメリカン・イーグル航空4184便、1999年のエジプト航空990便、2000年のシンガポール航空006便である。偶然だとしても、こういう日に飛行機になど乗りたくないものだ。LCCに限らず飛行機は落ちる。しかも結構ばたばた落ちる。それだけ飛んでいるという事なのだが、回数飛べば何回か落ちるのが飛行機という乗り物である。覚悟して乗るべきだろう。
1969年に定鉄が廃止されたり、89年三菱地所がロックフェラー・センターを買収してヤンキーの反感かったり、2011年には1ドル75円31銭の円高を記録したり、10月最終となるこの日、他にも過去色々あったのだが、庶民はろそろ冬への覚悟を決めるべき時でもある。最高気温が一桁になりそうな勢いだ。昨日ついに手稲山の初冠雪を観測している。寒くて泣きそうになった。この秋、ずい分引っ張ってきたけれど、これはもう時間の問題だ。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BARONDEBOP

Author:BARONDEBOP
そうだ どこかへ行こう

Count Basie 2号
最新コメント
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ