FC2ブログ

Five Spot After Dark

201812150011.jpg
No.1234 2018.12.15





本日、カーティス・フラー(tb)が84歳に、バリー・ハリス(p)は89歳になられた。それぞれ高名なジャズメンなのに、二人には大きな差がある。それは決定的な代表作のあるなしで、こればかりは運としか言いようがない。AKBなど見ても分かる通り、楽曲との出会いが占める割合は小さくない、と言うよりほぼ全部を占めるケースが少なくない。
BLUES ette」はファイブスポット・アフター・ダーク1曲で、本邦ジャズファンのハートを鷲掴みにした。この曲なかりせば、カーティス・フラーは凡百のトロンボーン奏者で終わったことだろう。曲を書いたのもアレンジしたのもベニー・ゴルソン(ts)だ。彼は本作にサイドメンとしても参加しているが、すべてはちょっと吹いただけのカーティス・フラーの手柄となった。
ベニー・ゴルソンは「アイ・リメンバー・クリフォード」においても同様の目にあっている。だがこちらの方がより気の毒に感じる。リー・モーガンのトランペットには有無を言わさぬ非凡さを認め得る。カーティス・フラーの場合そうでもない。
カーティス・フラーはラッキーだったと思う。楽曲の良さが、ジャケットのダサさすら蹴散らしてしまった。「Five Spot After Dark」、タイトルがこれまた格好いいじゃないか。「At the Five Spot」のクールな感じもいいけれど、それよりずっと洒落ている。行ったこともないジャズクラブの、紫煙に烟る情景が目に浮かぶようだ。









コメントの投稿

非公開コメント

一番好きな

このレコードは、我家にある僅かなジャズレコード達の中で、最もターンテーブルに乗る確率が高い一枚です。
このジャケットを見るだけで、Five Spot After Dark冒頭のサウンドが、つい鼻歌になります。
そして、若い頃を思い出す一枚でもあります。

Re: 一番好きな

そうでしたか。ジャケットがダサいなどと言ってゴメンなさい。
ベニー・ゴルソンのアレンジはアンサンブルが美しいですね。そこが好きです。ジャズだって美しいにこしたことはないです。
プロフィール

BARONDEBOP

Author:BARONDEBOP
そうだ どこかへ行こう

Count Basie 2号
最新コメント
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ