フランク三浦に笑う

2017031012160000.jpg
No.596 2017.3.15




フランク・ミュラーのパロディ「フランク三浦」を商標登録できるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第一小法廷はフランク・ミュラー側の上告をしりぞけ、商標を有効とした昨年の判決が確定した。
洒落の分かる裁判官もいるものだなあと感心しきり。
呼称は似ているが外観で明確に区別でき、フランク三浦が数千円であることを考慮すれば、100万円を超えるような高級時計と混同するとは到底考えられないとの大岡裁きである。



2017031012200000.jpg



なぜか意味不明なお守り付き。
保証書がまたやけにいい。
曰く、裏蓋やベルトの傷などは当たり前のようにあります。文字盤にホコリ・異物・指紋・まれに縮れ毛などが混入しています。完全非防水で、ありとあらゆる水分、空気中の水分にすら耐えられません。ダイビングや水泳に利用するのは勝手ですが、確実に壊れます。30度以上の高温にもまったく耐えられません。パソコン・モーター・携帯電話など磁気を発生するモノの近くに置かないでください。すぐに壊れます。
こうでなけりゃいけない。
「調子のいい事ばかり言って買わせたのにガッカリ」はいかんよ。
何のことを言っているか分かる人には分かるだろう。
フランク三浦の保証書に書かれていることを「告知」といい、告知事項は免責される。
それでもよかったら買ってくれということ。
商人のモラルだ。
雑誌にインタビューが載っていた。
~ものづくりへのこだわりは?
基本あれへん。
2㎝からの落下で壊れても保証せえへんで。もう一本買うたらよろしやん。
~買ってくれた人には?
もっと買え言うてるで。
動くのは買ってから2年くらいやからね。電池換えるくらいやったら新しいの買えっていつも言うてるし。
・・・とのことである。お見事。



20173133.jpg
こんなバージョンもあるようだ。










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BARONDEBOP

Author:BARONDEBOP
そうだ どこかへ行こう

Count Basie 2号
最新コメント
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ