センス問われたのか

20173181.jpg
No.599 2017.3.18





現時点で言えることはあまりなく今後の推移を注視するしかないが、新たに出て来た話がもし本当なら、つまり安倍総理がそれほど森友学園を応援していたのなら、これまで説明付かなかった事柄が急に見通し良くなるのは確かだ。
つまり森友学園が国有地を破格の安値で何故取得できたかという、今回の騒動の核心部分である。
「国会議員が有力な有権者の事情を行政に取り次ぐのは仕事の一部だ。その時役人に大声で要求するのは力のない若手のやり方で、ベテランになれば「よろしく」という穏やかな言葉に断り切れない威圧を込める」と山田厚史氏が週刊ダイヤモンドに書いておられる。
「さらに上へいくと言葉はいらない。サインを読み取らない官僚は失格だ。財務省には天下の秀才が集まっている。仕事を素早く正確にこなす能力で差はつかない。問われるのはセンス」だそうだ。
つまり実力者の希望を忖度するセンスであり、次官を目指すならこのセンスが必須なのである。
連休をはさんで週明け以降、この問題は更に大事になっていくだろう。
この際寄付したことを証明するなら、領収書か振り込みの控えがあれば簡単にできる。
しかし寄付していないことを証明するとなると、これはなかなか大変ではなかろうか。
何れにせよ、当事者意識を持って成り行きを見たい。
国有地の不当とも思える廉売、これだけは今のところ明らかになっている数少ない事実の一つなのだ。
もしもその裏に何らかの不正があるなら納税者としては勘弁できない話、そして本件だけが唯一の例外とも限るまい。












コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BARONDEBOP

Author:BARONDEBOP
そうだ どこかへ行こう

Count Basie 2号
最新コメント
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ