異形デジタルケーブル

2017031812240001.jpg
No.602 2017.3.21





DAコンバーター「THETA DS PRO BASIC Ⅲ」の入力1番は、RCA(普通のピンコード端子)とキャノン(バランス端子)の並列になっている。
ただ出力側「CDR-HD1500」のデジタル出力端子にキャノンが用意されていないため、これまでRCAタイプのデジタルケーブルしか使っていなかった。
ところが偶然こいつを見つけたのである。
一方がRCAプラグで反対側がキャノンのオスになっている。
こんなモノがあるなんて知らなかったわ。
繋いで驚いた、ほんの僅かハイ上がりだが非常に生々しい音が出る。
需要が限られるせいか、お値段笑うほど安い。
どれくらい安いかというと、フランク三浦と同じくらい安い。
それでいて安っぽい音がするでもなく、笑かす音もしない。
いや、いい音にニヤけてはくるけど。
もしも高価なケーブルを仕込んで結果が思わしくない場合(そんな場合など普通にいくらでもあるのだが)、この連休の精神的衛生状態もそれなりに不衛生なものとなるところだった。
今回はまったくの逆であるから多幸感ひとしおというか、ドーパミン大量放出というか、或いはまあ単なる貧乏性か。
だがなご同輩、既にお気付きの通り滅多にあることではないのだ。
とりあえず大層満足なり。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BARONDEBOP

Author:BARONDEBOP
そうだ どこかへ行こう

Count Basie 2号
最新コメント
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ